■Carl Hansen Son|CH24チェア アンシエントオーク材特別バージョン限定販売(ご好評につき完売いたしました)

■CH24 Yチェア特別バージョンをハンス.J.ウェグナー誕生日記念に日本限定500脚で発売

 

カール・ハンセン&サン社では、4月2日に訪れるハンス.J.ウェグナーの誕生日を記念して、特別バージョンのCH24 Yチェアを限定販売いたします。今顔の限定品は1950年の発売以来初となるアンシェントオーク材。ハンス.J.ウェグナーの署名を刻印した真鍮プレート、そしてカール・ハンセン&サン社発行の証明書付きでお届けいたします。

 

神代木とも称されるアンシエントオーク。泥炭沼地で腐ることなく千年以上も埋もれたオークは、木に含まれる天然のタンニンが泥炭内の鉄塩に反応し、独特の風合いに変化します。今回は、この極めて珍しいアンシエントオークの風合いを表現したYチェアを500脚限定で販売いたします。

 

   ・予約受付日:3月17日(土)〜  4月3日(火)

   ・販売価格 :103,000円(税別)

   ・限定販売数:500脚

   ・お届け時期:2018年7月頃予定

 

    ※すべての商品にハンス.J.ウェグナーの署名を刻印した真鍮プレート、カール・ハンセン&サン社発行の証明書付。

    ※限定数量の500脚に達し次第販売終了となります。

    ※仕 様 フレーム:アンシエントオーク材オイル仕上/座面:ナチュラルペーパーコード

    ※サイズ W550mm×D510mm×H760mm×SH450mm

■ハンス.J.ウェグナー

ハンスJ.ウェグナーは1914年、靴職人を父にデンマークとドイツの国境の町トゥナーに生まれました。家具職人H.F.スタルベアーグの元で家具を学び、17歳で家具職人の資格を取得。初めてデザインを経験したのもこの工房でした。20歳でコペンハーゲンに移り1936年から1938年まで工芸スクールに在籍し、その後デザイナーとしての活動を開始しました。

 

1940年、ウェグナーはアルネ・ヤコブセンとエリック・ムラーが担当する、オーフース市(デンマーク第二の都市)市庁舎の建築プロジェクトに参加し、そこに納める家具をデザインしました。またデニッシュデザイン界に大きな貢献を残した家具工房、ヨハネス・ハンセン社との共同作業もこの年に始まりました。

 

ハンスJ.ウェグナーは1943年、自身のデザイン事務所を開設しました。1944年には、中国の明朝時代の椅子に影響を受けたチャイナチェアシリーズの最初の作品となる椅子をデザインしました。このチャイナシリーズの最後の椅子となるのが1949年にデザインされたCH24、Yチェアです。Yチェアは、カール・ハンセン&サン社で翌年の1950年から生産され、今日ウェグナーの最も成功を納めた椅子となっています。

 

数多くの名作を残し、才能溢れる多作なデザイナーとして知られるハンスJ.ウェグナーは、ルニング賞(1951年)、第8回国際デザイン賞(1997年)はじめ、デザイン界における各種の賞を数多く受賞しています。

また、デンマーク王立芸術アカデミーの名誉会員(1995年)、英国王立美術大学からは 名誉学士号(1997年)が贈られ

ています。またその作品はニューヨークのMOMAからミュンヘンの ディ・ノイエ・ザムルングまで、世界中の著名な美術

館でコレクションされています。