■Fritz Hansen新作チェア|N01 Chair

■nendoとのコラボレーションにより生まれたN01™チェア

 

世界的に活躍する日本のデザインオフィスnendoが、フリッツ・ハンセンからお届けするのは、モダンな生活の中でクオリティを重視する人々のための、木製のN01(エヌゼロワン)チェアです。ダイニングルームに新たな息吹を吹き込むN01チェアは、デンマークと日本の美学が見事に融合し、タイムレスな職人技や、ナチュラルな感覚を与えるチェアです。

 

「座ればフリッツ・ハンセンの椅子だと感じ、毎日使うことで日本のデザインを感じて頂けるでしょう。」Oki Sato.

 

日本とデンマークのデザインの伝統には多くの共通点があります。それを見事に表現したのが新作ダイニングチェアのN01チェアです。日本のデザインオフィス nendoとのコラボレーションにより、ミニマルでありながら細部にもこだわったアームチェアが誕生しました。家族と一緒に食事を囲む楽しい時間やアクティビティに打ち込む時間など、様々なシーンに活躍します。

 

nendoはフリッツ・ハンセンのデザインDNAと調和しながらも、それに挑戦するような真のクラフツマンシップを発揮した新たな世界観のデザイン表現をしました。N01チェアのデザインは、木の温もりと妥協を許さない品質の高さを率直に物語っています。その軽やかな印象は落ち着きを感じさせながらも魅惑的であり、またその構造は巧妙で、日本ならではのパーフェクショニズムを感じさせます。N01チェアは、フリッツ・ハンセンのスタッキングチェアコレクションの特徴である9層の合板を使った座面と背面を組み合わせています。

フリッツ・ハンセンのデザイン部門責任者、クリスチャン・アンドレセンは次のように述べています。「N01チェアでフリッツ・ハンセンが目指したのは、フリッツ・ハンセンのデザインとクラフツマンシップの歴史につながる現代的な木製ダイニングチェアの制作でした。フリッツ・ハンセンは、いかなる妥協をも許さず、至高の座り心地と美しいデザインを追求しています。このビジョンを思い描いたとき、nendoがフリッツ・ハンセンにとって理想のパートナーであることに気付きました」

 

日本ならではの純粋さと細部へのこだわりのN01チェアは率直かつ明快なデザインである一方、極めて巧妙に作られた複雑な構造に、その細部にまで行き届いたこだわりが見え隠れします。たとえば、シェルとアームレストをつなぐジョイント部では、ピュアでシンプルな形状を生み出すために、各パーツができる限り触れ合わないようにデザインされています。また、チェアの骨組みは力強さを示し、何世代にもわたって使い続けることのできる、優れた耐久性を持つ構造を作り出しています。

 

N01チェアの製造には、その構造に細心の注意が求められます。チェアは、無垢材と合板を組み合わせた23のウッドピースから成り、パズルのように組み立てられます。各ピースは、ベルギーで1924年に創業した家族経営のウッドメーカーで作られ、組立ては手作業で行われます。チェアをパズルのように組み立てることで、細かな構造がすべてシームレスにつながります。鍵となるのは妥協を許さない精度です。不正確な箇所がわずかでもあれば、製造を一からやり直さなければなりません。

 

カラーは、ブラックオーク、ナチュラルオーク、またはビーチの3種類。シートクッション(オプション)も、ファブリックまたはレザーにてご用意しています。    

ビーチ材 87,000円(税別)
ビーチ材 87,000円(税別)
ナチュラルオーク材 96,000円(税別)
ナチュラルオーク材 96,000円(税別)
ブラックオーク材 96,000円(税別)
ブラックオーク材 96,000円(税別)

■佐藤 オオキ 1977年〜

一度座れば、フリッツ・ハンセンの椅子だと気付くでしょう。しかし毎日座 れば、純然たる日本のデザインであることに気付くでしょう。-佐藤 オオキ

 

デザインスタジオnendoの創設者である佐藤オオキは、N01™チェアをはじめ、グラフィック、アートインスタレーション、建築などの様々な作品を通してそのデザイン哲学を表現します。

カナダ、トロント出身の佐藤は東京に移住後、早稲田大学大学院で建築学修士号を取得。

2002年にデザインスタジ オnendoを設立します。

現在では世界的な建築プロジェクトおよび家具デザインにその名が冠されています。

日常にはたくさんの小さな「!」、つまり驚 きと豊かさに満ちた瞬間があふれており、デザインにもこのささやかな「!」 をもたらすこと。

これがnendoの企業理念です。nendoという社名は「粘土」 から来ており、作り手が物を創り上げていくその姿勢を見事に表現しています。

nendoは設立以降、その作品が広く認められ、Dezeen、ウォールペーパー デザインアワード、レッドドットデザインアワードをはじめ数多くの賞を受賞しています。