フロス社はアッキーレ・カスティリオーニをはじめ多くの著名なデザイナーを起用し、発表された作品はモダンインテリア照明の代表的な作品となっています。またその後もトップデザイナーを起用し、モダン照明のトップを走り続けています。

フロス社は1962年、ディーノ・ガッヴィーナとチェザーレ・カッシーナによって、モダンな照明を作ることをコンセプトにミラノに創設されました。新しい照明コンセプトを発展させるため、イタリアを代表する建築家でありデザイナーでもあるカスティリオーニ兄弟、そしてトビア・スカルパの援助を得ました。彼らが使用した最初の素材は、アメリカで開発された非常に柔軟な新素材である「coxoon」で照明器具のディフューザーとして製作されました。

 

 1971年にはドイツで最初の支店を開設し、1974年には、1939年に創設された歴史的ブランド「アルテルーチェア」を買収し、ブレシアの郊外にあるボベッツオに新しい工場をオープンしました。 

アキレ・カスティリオーニとの協力関係は80年代を通して続き、彼は1992年に“製品のファミリー化”というコンセプトのもと「Brera」シリーズを導入しました。それと同時に、国際レベルで台頭しつつある才能の発掘を続け、1988年にフィリップ・スタルク との協力をスタートに、他の才能あるデザイナー達がその後に続いています。