アメリカに本社を置く世界的オフィス家具メーカーであるハーマン・ミラーは、アーロンチェアを始め革新的な機能性を持つチェアを発表し、常に世界のオフィス家具をリードし続けるメーカーです。またジョージ・ネルソン、チャールズ&レイ・イームズ、アレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチらとミッドセンチュリーモダンの象徴的な名作を次々と発表しています。

 


ハーマン・ミラーは、ミシガン州西部のビジネスマンでした。彼の支援により、娘婿の D.J.デプリーは、1923年にミシガン・スター・ファニチャー・カンパニーを買い取りました。デプリーは1909年に事務員として雇われて以来、1905年創業の同社で働いていました。義理の父が高潔な人格の持ち主であることをよく知っていたデプリーは、会社に彼の名を冠することにしました。

その後、20世紀半ばには、「ハーマンミラー」の名は「モダン」な家具の代名詞となったのです。ハーマンミラーは、ジョージ・ネルソン、そしてチャールズ&レイ・イームズという伝説的なデザイナー達と共に、のちにインダストリアルデザインのクラシックとなる製品群を世に送り出しました。

それ以降もアレキサンダー・ジラード、イサム・ノグチ、ロバート・プロプスト、ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック、アイシェ・バーセル、スタジオ7.5、イヴ・ベアール、ダグ・ボールなどの、世界中の最も卓越したデザイナー達とハーマンミラーはコラボレーションを続けて来ました。

現在ではハーマンミラーは、クラシック製品と暮らしのための新しいデザインに加え、コンテンポラリーなインテリアのソリューション、ヘルスケア施設のソリューション、そして関連するテクノロジーやサービスにおいても、革新をもたらすイノベーターとして評価されています。ハーマンミラーはミシガン州ジーランドに本拠を置き、製造拠点を米国、中国、イタリア、英国に、また販売事業部、販売代理店、ライセンシー、顧客を100カ国以上に有しています。

ハーマンミラーには様々に特化した事業、ブランド、販売チャンネルがあり、ハーマンミラー、ハーマンミラー・ヘルスケア、Nemschoff、Geiger International、独立販売代理店などがあります。そのすべてが、デザインのため、そしてより良い環境を作り出すために努力しています。


当社は設立当時よりハーマンミラージャパンの前身である(株)モダンファニチャーセールスからハーマンミラー商品を取扱い、その後、設立されたハーマンミラージャパン(株)と22年前に正式に代理店契約を締結致しました。設立後、住宅、オフィス、教育・文化・商業施設など様々なシーンにハーマンミラー商品を提供して参りました。

 

—日本におけるハーマンミラーの歴史ー

1964年3月 日本ハーマンミラー家具販売株式会社を株式会社伊勢丹の子会社として設立

1964年4月 株式会社モダンファニチャーセールスと改称
1988年7月 米国Herman Miller, Inc.がハーマンミラージャパン株式会社を設立
1989年3月 ハーマンミラージャパン株式会社が株式会社モダンファニチャーセールスを

       吸収合併し現在に至る